終電でセックスしてるカップルに触発された知らないおじさんが私を襲ってきた話

その日、仕事で遅くなり、私は終電に乗っていた。田舎町に向かう下り電車で、乗客は少なかった。私の降りる終点の駅まで、あと30分。私のいる車両に乗っているのは、年齢不詳のカップルが1組と、缶チューハイを持ったヤバそうなおじさ… 続きを読む 終電でセックスしてるカップルに触発された知らないおじさんが私を襲ってきた話

投稿日:
カテゴリー: 小説

空き家かと思ったらおじいさんが住んでて、中でエロいことされちゃった話

バケツをひっくり返したような大雨、そして雷。雷はかなり近く、ものすごい音がする。命の危険を感じた私は、とりあえず、そばにあった空き家の軒下に避難した。 木造の、ボロボロの空き家。雷って、どういう場所が危険なんだっけ。ゴル… 続きを読む 空き家かと思ったらおじいさんが住んでて、中でエロいことされちゃった話

投稿日:
カテゴリー: 小説

コンビニで一目惚れした男性をトイレに連れ込んでゆきずりエッチのお願いをした話

私は、急に午後の紅茶が飲みたくなって、コンビニに買いに行った。ちなみに、平日の真昼間である。引きこもりニートの私は、毎日が日曜日なのだ……でも、心配事は全くない。実家暮らしのため、家賃も、光熱費も、食費もかからないのだ。… 続きを読む コンビニで一目惚れした男性をトイレに連れ込んでゆきずりエッチのお願いをした話

投稿日:
カテゴリー: 小説

彼氏がいると知らずに告白してきた男子の目の前で本彼とセックスした話

こんにちは!私は佐藤花奈。 学級委員をしていて、今は、文化祭の出し物に関するアンケートの集計中。 一緒に作業をしていた、同じく学級委員の田村くんが言った。 「佐藤さん、あの……これが終わったら、屋上に来てもらえないかな。… 続きを読む 彼氏がいると知らずに告白してきた男子の目の前で本彼とセックスした話

投稿日:
カテゴリー: 小説

家政婦の私をかくれんぼに誘ったご主人様が実は本物の鬼で、私をめちゃくちゃにした話

こんにちは!私は家政婦のはるかです。 今日の派遣先は、とても大きなお屋敷に一人で暮らす男性のお家。 代々続く大地主さんなんだって。莫大な財産……正直羨ましい! ご両親は引退されて、海外で悠々自適な生活をしているんだとか。… 続きを読む 家政婦の私をかくれんぼに誘ったご主人様が実は本物の鬼で、私をめちゃくちゃにした話

投稿日:
カテゴリー: 小説

公園に簡易テントをはって休んでいたら間違って知らない男が入ってきて襲われた話

少し前から流行っている、公園の簡易テント。 ワンタッチでポンッと広がる手軽さで、家族連れなんかがよく使っている。 私は独身女のおひとり様だけど、休日は公園でのんびり過ごすのが趣味で、テントも持っていく。 日除けになるし、… 続きを読む 公園に簡易テントをはって休んでいたら間違って知らない男が入ってきて襲われた話

投稿日:
カテゴリー: 小説

念力でエロいことができるエスパー同士の戦い、結局普通に犯されて女エスパーが負けてしまう話

サクラは公園を歩いていた。 母親、あるいは父親と一緒に、小さな子供たちが遊んでいる。 犬の散歩をする人もいる。 そのほとんどはマナーを守っているのだが、ときどき、悪いヤツがいる。 男が、飼い犬にリードをつけずに散歩をさせ… 続きを読む 念力でエロいことができるエスパー同士の戦い、結局普通に犯されて女エスパーが負けてしまう話

投稿日:
カテゴリー: 小説

ヌシ様の生贄(いけにえ)になった少女が洞窟の奥で大蜘蛛の子を身籠る話

村の東にある森には「ヌシ様」がいて、10年に一度、生贄(いけにえ)を捧げる儀式が行われる。 今年の生贄は、私になった。 生贄は、儀式の要となる一番重要な役割である。 そんな大役を務めることになり、私は不安だった。 10年… 続きを読む ヌシ様の生贄(いけにえ)になった少女が洞窟の奥で大蜘蛛の子を身籠る話

投稿日:
カテゴリー: 小説