小説」カテゴリーアーカイブ

結婚記念日

今日は結婚記念日。
私は旦那の帰りを待っていた。
頑張って、ごちそうを作って。
だけど、旦那は帰ってこなかった。
会社の人たちと飲んでくるって……結婚記念日だってこと、忘れてた。
もう、離婚よ!離婚してやる!
怒りと悲しみで絶望していると、電話がかかってきた。
旦那の同僚の、木村くんだった。
私と旦那は社内結婚だったから、木村くんのことはよく知っている。
「……もしもし?」
「ああ、マキさん……あの……大丈夫ですか?」
「……え?」
「だって……今日は……結婚記念日のはずなのに……先輩、飲み会にいるんで……」
「あ……うん。てか、木村くん、なんでうちらの結婚記念日覚えてるの」
「あ、いや……俺、記憶力いいんで」
「なにそれ、あははは!」
なんだかおかしくて、笑いが止まらない。涙も出てきた。
「俺、飲み会抜けて、今から行きます」
「……え?」
私の返事も聞かず、電話は切れてしまった。
今から行くって……どういうこと?

しばらくすると、玄関のチャイムが鳴った。
ドアを開けると、木村くんがいた。
「木村くん……本当に来たの? どうして?」
「だって、マキさん……辛そうだったから」
「そ、そんなこと……」
「それに俺……マキさんのことずっと好きだったし……」
「は?」
「だから……好きなんです、一緒に働いてた頃から……今もずっと」
木村くんはそう言うと、強い力で私を抱きしめた。
「えっ、ちょっと待って……木村くん!」
「こんなに可愛い奥さんを放っておくなんて許せない」
「木村くんっ……あ……ダメっ……」
木村くんは、私のお尻を、いやらしい手つきで撫で回している。
「マキさんっ……!」
「あっ、きゃあっ!」
木村くんは家に上がり込みながら、私を玄関前の廊下に押し倒した。
「マキさんっ、好きだ……!」
「だめよ、だめ!」
「いいじゃないですか、あんな男のことなんか……!」
木村くんは私のTシャツをまくりあげた。
ノーブラだったから、いきなりおっぱいが丸出しになってしまう。
「ああ……すごい。やっぱり、おっぱい大きいですね……想像していた通りだ……なんて綺麗なんだ……!」
「木村くん、やめて……!」
だけど木村くんは、私の胸を舐め回し、乳首をちゅうちゅうと吸った。
「ああっ……だっ……だめぇ……!」
「マキさんっ……ああ……マキさん……!」
木村くんは私のスカートをまくりあげ、ショーツを引き下ろした。
「だめっ、木村くんっ、だめよ!」
「ああっ、マキさんっ、ずっとこうしたかった!」
木村くんはズボンのチャックをおろし、はちきれそうに膨張したものをあらわにした。
やだ……大きい!
それになんて……なんて立派なの!
私は思わず見とれてしまった。
木村くんはそれを、私のうずく秘部に押し当てた。
ああっ……もう、拒絶できそうにない。
「マキさん、いいですか?」
「ええ……お願い……もう我慢できないわ! 早く……早く入れて!」
「マキさん!」
木村くんは、一気に腰を突き出した。
「ああああ────っ!」
受け止めきれないほどの快感が、体中をかけめぐる。
木村くんが腰を動かし、ズンズンと突いてくると、おかしくなりそうなほど気持ちよかった。
もう、どうなってもいい──!

その時、玄関のドアが開いて、旦那が入ってきた。
驚いた顔……青ざめている。
だけど私は、全然気にならなかった。
むしろ、快感が倍増したみたいだ。
旦那の顔を見ながら、私はあえいだ。
「ああっ、木村くんっ……んっ……すごいっ……すごいよぉ……っ」
「マキさんっ……ああっ、もうイキそうっ……」
木村くんは、後ろに立っている旦那に気付いてない。
「ああっ、イクよっ……マキさんっ──!」

「はぁ……はぁ……ん……っ……」
体の痙攣がおさまらない。
旦那が真っ青になって、私たちを見下ろしている。
あの人、この後どうするのかしら……
快感の余韻に浸りながら、私はぼんやりと、旦那を見つめた。

おわり