山の中で女子がソロキャンプしてたら男たちに襲われた話

最近キャンプが流行っている。
私も、流行りに乗って始めたクチだ。
もともと一人で過ごすのが好きだったから、ソロキャンプに抵抗はなかった。
今日も、休日を利用して、ソロキャンプにやってきた。
テントの設置を終え、焚き火を作る。
初めてキャンプをした時に比べると、かなり手際良くできるようになった。
日が暮れ始め、あたりが暗くなってきた。
パチパチと燃える焚き火が、映える。
ああ、なんて贅沢な時間なんだろう。
満ち足りた気持ちで焚き火を眺めていると、ガサガサと茂みが揺れ、突然、男が現れた。
「おっ、女だぞ。しかも若い」
「ひひひ、上物だな」
男は、二人だった。
一瞬で、私はまずい状況になったのを悟った。
女、若い、上物……その言葉だけで、自分が性的な対象に見られていることが分かる。
「お姉さん、こんばんは」
「こんばんはー」
男たちが、ニヤニヤしながら話しかけてきた。
「こんばんは……」
私は、彼らを怒らせないよう、無理に笑顔を作った。
「ひとり?」
金髪の男が言った。
「あ……はい、ひとりです」
一瞬、連れがいると嘘を言おうか迷ったが、やめた。
すぐにバレそうだし、バレたら、ますます悪い状況になりそうな気がした。
「えー、彼氏は? 一緒にキャンプしないの?」
今度は、黒髪の男が言った。
「えっと……彼氏はいないです……」
「えーっ、うそー、お姉さんかわいいのに、もったいないなー」
「じゃあさ、ずっとセックスしてないの?」
「えっ……あ……はは……」
ああ、これから、どうなっちゃうんだろう。
私は男たちに向かって薄ら笑いを浮かべながら、身を固くした。
「それじゃあさ、俺たちと気持ちいいことしようか」
金髪の男が、私の腕をつかんだ。口調は穏やかなのに、腕をつかむ力は、痛いほど強かった。
「ほら、服脱いでさ……おっぱい見せてよ」
男たちは、私の服を勝手に脱がし始めた。
「あっ……やめてください……」
私は怖くて強く抵抗することができず、ほとんどされるがままだった。
「うおー、たまらんねぇ」
「いいねぇ」
男たちの手で、私は素っ裸にされてしまった。
「こんな山の中で裸になっちゃって、エロいなぁー」
お前らが脱がしたんだろ!と心の中で突っ込む。
「あのー、あれ、やってるの? ツイッターじゃなくて……なんだっけ」
「あー、イン……インスタ?」
「そうそう! あれにさ、アップしようよ。今、写真撮ってさ。ソロキャンプやってまーすって」
「あはは、裸で!?」
「そう、面白いでしょ。お姉さん、スマホ貸してよ。写真撮ってあげるからさ」
「あの、それは……ちょっと……それは、だめです」
「えぇー?」
男たちは、わざとらしく残念がった。
「つまんないの。まあ……いいや。じゃあ、俺の携帯で撮るわ」
男はそう言うと、いきなり、裸で立っている私の写真を撮った。
「やっ、やめてください!」
私はあわてて、顔と体を隠すようにしゃがみ込んだ。
「へへへ……いい感じに撮れてるよ。これ、ネットにアップしちゃおうかなー」
「だっ、だめです! やめてください!」
「えー? せっかくいい写真が撮れたのになぁ……」
「その写真、削除してください!」
「うーん、どうしよっかなー。じゃあ、俺たちとセックスしてくれる?」
「……そうすれば、消してくれるんですか」
「うん、約束する」
「……わかりました。絶対消してくださいね」
「オッケー。それじゃ、始めよっか」
金髪の男は、私の後ろにまわり、胸を乱暴に揉み始めた。
「ううっ……んっ……」
「いいねぇー、こんな山の中で……ひひひ……!」
「ああっ──!」
乳首を強くこねられ、私は声をあげた。
「あれぇ? この状況で感じちゃってる?」
金髪の男は、私の秘部に手を伸ばした。
「へっへっへ……濡れてるじゃーん。よし、そこまで言うなら、入れてあげよう」
金髪の男は、勝手なことを言いながら、私を四つん這いにし、後ろから貫いた。
「んんっ──!」
ガンガン突かれると、どんどん快感があふれてくる。
脳が痺れて、おかしくなりそうだった。
こんな状況なのに、なんで気持ちよくなっちゃうんだろう……悔しい……気持ちいい……もっと欲しい……もっと……もっと……してぇ!
「あんっ、んっ……はぁんっ!」
「すげぇ感じてるじゃん、俺のもしてよ」
黒髪の男はそう言うと、私の口に彼のものを突っ込んできた。
快感で頭がおかしくなっていた私は、それをうっとりとした気持ちで受け入れていた。
やがて、金髪の男が絶頂を迎えた。
私はずっとイキっぱなしで、ずっと絶頂だった。
金髪の男が離れると、尻を突き出した格好のまま、体を痙攣させている私に、今度は黒髪の男が突っ込んできた。
再び突っ込まれ、私はうれしかった。
私は快感に弱いのだ。
すぐに快感に溺れ、おかしくなってしまう。
金髪の男が、スマホで動画を撮っていた。
「ソロキャンプ最高ですって言って」
「んあっ……そ……ソロキャンプっ……はぁんっ……さいこぉおおおっ……ああっ……れぇすっ!」
私はカメラに向かって言ったのだった。

おわり