見せつけエッチ

同じクラスの男子に告白されているところに、彼氏が乱入!俺の女に手を出すなって、エッチを見せつけはじめて…!?

こんにちは!私は佐藤花奈。
学級委員をしていて、今は、文化祭の出し物に関するアンケートの集計中。
一緒に作業をしていた、同じく学級委員の田村くんが言った。
「佐藤さん、あの……これが終わったら、屋上に来てもらえないかな。話したいことがあるんだ」
「あ、うん……今じゃダメなの?」
「うん……人に聞かれたくない話だから」
「そっか……うん、わかった」
急に、なんだろう。
屋上で人に聞かれたくない話……って、まさか告白とか?
いや、それはないか……

と思ったら、そうだった。
「佐藤さん、好きです!付き合ってください!」
「えーっ、あのっ、それはっ、あの……ごめん、私、付き合ってる人いるから……」
「えっ、そうなの!?」
「うん……」
「そっか……」
気まずい沈黙。
「でも……俺、それでも佐藤さんが好きだ。その、今付き合ってる奴と別れて、俺と付き合って欲しい!」
田村くんはそう言うと、私の手を引っ張って、いきなり抱きしめてきた。
「んーーーっ!」
私は焦ってジタバタしたんだけど、きつく抱きしめられていて、抜け出せない。
その時だった。
「おい、田村!今すぐ花奈を離せ!」
その声に、田村くんはあわてて私を離した。
声の主は、同じクラスの大野優だった。
何を隠そう、彼こそが、私の今付き合っている彼氏なのである。
「俺の彼女に手出しするんじゃねー!」
優くんは、私を自分の元に引き寄せた。
「えっ、佐藤さんの彼氏って、大野だったの……?」
田村くんが目を丸くして言った。
「そうだ、コイツは俺のだからな!くそーっ、文化祭のアンケートだぁ?イチャイチャしやがって……」
「ちょっと、イチャイチャなんてしてないし!学級委員の仕事してただけだよ!」
「いいや、田村は花奈のこと、ずーっといやらしい目で見てたぜ」
「そ、そんなわけないじゃん!優くんは変なこと考えすぎ!」
「花奈は油断しすぎなんだよ……よし、それなら俺が証明してやるよ」
優くんはそう言うと、いきなり私のブラウスをまくりあげ、ブラジャーをつかんでぐいっと下げた。
「ぎゃーっ!ちょっ、なにしてんの!?」
私のおっぱいが、ポロンと出てしまっている。
「ほら、あいつの目を見ろよ。いやらしーい目で、花奈のおっぱい見てるぜ?」
「へっ!?」
見ると、田村くんが私を……いや、私のおっぱいを見ている。
「いやぁーっ、ちょっと見ないでぇっ、こんなのもうやめてっ!」
私は服を直そうとしたが、優くんに押さえつけられていてできない。
しかも、優くんは私の胸をもみ始めた。
「やだぁっ、なにすんのよぉっ!」
「へへへ……田村に俺たちの仲を見せつけてやろうぜ」
「んっ、いやぁっ、ダメっ……んっ……ん……っ……」
優くんに乳首を責められると、私は抵抗できなくなってしまった。
私はエッチな快感に、めっぽう弱い。
責められると、言いなりになってしまうのだ。
もうダメだ……田村くんが見てるのに……こんなこと……
優くんは、私のパンツの中にも手を入れてきた。
「ひひ……もうグチョグチョだ……花奈はエッチだなぁ」
「んっ……恥ずかし……ひんっ……や、やめてぇ……」
「本当にやめてほしいの?本当は入れて欲しいんでしょ……?」
「ん……いじわる言わないでぇ……」
優くんは私をフェンスに向かって立たせ、お尻を突き出した格好にさせると、パンツを下ろした。
そして、快感を求めてヒクヒクしちゃってる秘密の場所に、大きくなった優くんのものを思いっきり突き刺した。
「ああっ、優く……んっ……気持ちいいよぉ……!」
私は気持ち良すぎて泣きながら喘いだ。
あ、そう言えば……
喘ぎながら顔を横に向けると、まだ田村くんが見ていたのだった──

数日後。
噂によると、田村くんは他のクラスの女子と付き合い始めたらしい。
この前は、私が好きだって言ってたのに!?……って、びっくりしちゃった。
私と優くんのエッチを見て、性欲を我慢できなくなっちゃったのかな。
まったく、男ってやつは……まあ、私も気持ちいいのに弱いから、人のことは言えないんだけどね。
さてと。これから、文化祭の準備で田村くんとひと仕事しなくちゃいけない。
エッチを見られちゃった身としては……かなり恥ずかしいというか、気まずいんだよねぇ……

おわり